キタキツネ(北狐、Vulpes vulpes schrencki )は、北半球に広く分布するアカギツネの亜種。日本では北海道・樺太および周辺島嶼に生息する。 名称「北狐」(きたきつね)は、1924年(大正13年)に岸田久吉が樺太に生息する本種に対して命名したものだが、その後に北海道と千島列島南部に
7キロバイト (898 語) - 2020年4月11日 (土) 18:57



(出典 livedoor.blogimg.jp)


専門家でも子供のうちは判別が難しそうですね。

それにしても可愛いな。


【道路で保護した子犬がキツネだった!】の続きを読む