サバクトビバッタ(砂漠飛蝗、学名:Schistocerca gregaria )は、バッタ科のバッタサバクワタリバッタサバクバッタ、エジプトツチイナゴとも。代表的なワタリバッタ(locust)として知られ、時々大発生し、有史以来、アフリカ、中東、アジアに被害(蝗害)を与え続けている。サバクトビバ
15キロバイト (1,950 語) - 2020年6月19日 (金) 11:57



(出典 dot.asahi.com)


日本も他人事じゃねえわ。

「騒ぎすぎ」って最初言われてていまやどうなってんだよ。


【【コロナの次はこいつらか?】その数約4000億匹 アフリカから現在インド、その後は・・・? 】の続きを読む