ニュース速報@まとめチャンネル

ニュース速報@まとめチャンネルでは、
世間で起こる様々なニュースをいち早くお届けします。

    ショッピング



    (出典 askul.c.yimg.jp)


    やばすぎ

    1 ■忍【LV30,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :20/02/02(日)07:36:47 ID:???


    2020年2月1日、通販サイトamazonは、出品業者が価格を吊り上げて販売する温床となっている。
    通常価格500円前後の『PM2.5対応)BMC フィットマスク (使い捨てサージカルマスク) レギュラーサイズ 白色 50枚入』は8000円。16倍の価格での販売だ。
    2月1日
    https://www.excite.co.jp/news/article/Global_news_asia_6114/
    --------------

    【関連記事】
    新型肺炎でマスク「転売ヤー」が出現 定価の3倍で取引も
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200128-00000019-pseven-soci
    日本を旅行中の中国人観光客が大阪や東京でマスクを “爆買い”

    成田空港 帰国する中国人がマスクを大量購入「中国では品薄」
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200123/k10012255981000.html

    WHOが緊急事態宣言 マスク品薄 ドラッグストアや観光地も対応に追われる
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00010001-nbnv-soci

    マスク品薄でネット上「介護の仕事だから毎日使う」や「お見舞いに行くときに必要」などの声
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-10000282-it_nlab-life

    新型肺炎で医療用マスク品薄 納入難しく現場困惑
    https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/202002/0013081009.shtml


    ◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 106◆ !max700
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579106074/
    -------------------------------------
    !jien =お知らせ=
    【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
    *侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
    ・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
    -------------------------------------


    【【新型肺炎による影響か】マスク品薄 amazonで価格高騰 通常価格の16倍 500円⇒8000円】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    捨てられちゃう商品たち・・・

    1 ニライカナイφ ★ :2020/01/27(月) 21:53:38.10

    ◆ 恵方巻「ロスなくならない」。予約販売伸びず、“当日買う派”5割という現実

    2月3日の節分に食べる「恵方巻」。
    ここ数年は、売れ残った商品が大量に廃棄されていることに批判が集まり、コンビニやスーパーでは予約販売を強化している。

    ただ、恵方巻に関するアンケート調査では、約5割が「当日に買う(買うかもしれない)」と答えており、コンビニ店のオーナーからは「完全予約にするのは難しく、結局は廃棄がでてしまう」という声も漏れる。
    令和初の恵方巻、果たしてロスはなくせるのか?

    ■ 需要読めず「本音は扱いたくない」

    「恵方巻を予約するお客さんはほとんどいない。
    かといって、節分の当日に買いに来るお客さんがいる以上、店頭に置かない選択肢はない。
    どれだけ売れるのかも読みにくく、本音で言えば恵方巻きは扱いたくない商材」

    都内で大手コンビニチェーンの店舗オーナーを務める男性はそう語る。

    コンビニ各社は、売れ残りを防ぐため恵方巻の予約販売を強化している。
    セブンイレブンでは恵方巻3本セットを予約すると、「チコちゃんに叱られる!」オリジナルグッズがもらえるキャンペーンを行っているほか、ファミリーマートでは1月16日までの予約に限り、1割引きで予約を受け付けた。

    しかし、現場の思いは複雑だ。

    「完全予約にできれば、もちろん廃棄はないが、予約しかやっていない店舗はほぼないと思う。
    当日売り場に並べる恵方巻については、1カ月前に発注することになるけれど、需要を読むのは実際難しい。
    去年の節分は日曜で、売り上げが低かったし。
    かつてのように本部から『恵方巻を売れ』という圧力がなくなったのはよかったんだけどね」(前出のコンビニオーナー)

    ■ 7割が「恵方巻食べた」

    そもそも、予約販売の強化で恵方巻の廃棄は減らせるのか?
    保険相談サービス「保険ROOM」が実施したアンケートでは、「当日買う派」が半数にのぼり、予約作戦も簡単には進まなそうだ。

    アンケートは2020年1月20日~21日、インターネットで実施し、1031人が回答した。
    その結果、2019年は7割が「恵方巻を食べた」と回答。
    買った場所については、58%が「スーパー」で最も多く、「家で作った」が17%、「コンビニ」が14%だった。

    注目すべきは、2020年の恵方巻についての質問。
    約5割が「当日に買う」(「当日に買うつもり」を含む)としており、「予約する」はわずか1割だけ。
    恵方巻を食べる文化は根付いているが、恵方巻の予約はなかなか浸透していない。

    一方で、恵方巻の大量廃棄の問題を知っているかについては、6割以上が「知っている」と回答。
    食品ロスへの関心は高まっており、国も機運の高まりに策を講じている。

    ■ 国を挙げて「削減プロジェクト」

    農林水産省では、初の取り組みとなる「恵方巻きのロス削減プロジェクト」を展開している。
    予約販売の強化や、サイズ・メニュー構成の工夫などを食品小売業者に呼びかけ、スーパーのイトーヨーカ堂やマルエツ、コンビニ大手3社など計33事業者が参加を表明した(2020年1月22日現在)。

    「これまでメーカーや小売で食品ロスを減らす取り組みを続けてきたが、消費者も一体になり食品ロス問題に取り組む段階に入っています。
    例えば、恵方巻であれば予約はもちろんですが、安さだけで店を選ぶのではなくて、食品ロスを減らす取り組みをしているお店を応援することも大切です」(農水省担当者)

    農水省によると、日本の食品ロスは年間643万トン(2016年度)で、国民1人が1日にお茶碗1杯分のご飯を捨てる量に相当する。
    国では、食品製造業や外食業で廃棄される「事業系食品ロス」について、2000年度(547万トン)に比べて、2030年度までに半減させる目標(273万トン)を掲げているが、近年は横ばい状況が続く。

    食品ロスをどう減らしていくか。
    恵方巻ロスの問題は、消費者も変わらなければならないことを示している。


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00000003-binsiderl-soci


    【【扱いたくない商材】コンビニ経営者「完全予約制は難しい。結局、大量廃棄出てしまう…」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    私はCOCO壱番屋でフルで注文すると3000円は行きます。もう限界/(^o^)\

    1 記憶たどり。 ★ :2020/01/25(土) 15:45:34.37

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00015650-toushin-bus_all

    カレーチェーン店としてはガリバー的存在の「カレーハウスCoCo壱番屋」(以下、ココイチ)。
    元々は愛知県一宮市を本拠とするオーナー企業でしたが、2015年にTOBによりハウス食品 の子会社となっています。

    そのココイチ、インド進出など海外展開が話題となることも多いのですが、昨年3月の値上げ以降、国内では来客数の減少傾向が明らかです。

    度重なる値上げの結果、財布に相談すると気軽にトッピングできなくなったココイチのカレー。
    値上げ効果でカレー自体の採算は向上したと考えられますが、昔ながらのトッピングの楽しみを顧客から奪う結果も招いています。


    客数の伸びが止まったココイチ

    ココイチを運営する壱番屋 の既存店売上高が、今期(2020年2月期)下期に入りパッとしません。
    上期は7月を除き対前年同月比でプラス成長が続きましたが、下期に入った9月以降は11月を除きマイナス成長です。

    また、客数は上期から変調をきたしています。既存店の客数は今期12月までの10カ月のうち、7カ月が対前年同月比マイナス、
    プラスは3カ月に留まっています。


    値上げが影響? 今期は3月に値上げを実施

    ココイチといえば値上げを行う外食チェーン店としても知られています。今期は昨年3月(期初に該当)に値上げをしており、
    東京23区内ではポークカレーが484円から505円へと、約4%値上げされました。

    そして3月の既存店客数は対前年同月比で若干のマイナス(99.8%)に。4月こそ101.1%と戻したものの、
    以降は6月と11月を除き客数はマイナス成長となっています。

    しかしそれでも上期の貯金があり、同社は12月25日に通期業績予想の上方修正を発表しました。


    さらば気軽なトッピング、値上げでカレーだけしか頼まなくなった

    筆者は二十数年来のココイチファンです。かつて金曜日の晩は、飲みに行かなければ、ほぼココイチで夕食という時期があったほどです。

    当時のお決まりのメニューは、野菜カレー大盛に野菜サラダ。時々サラダや大盛をやめてカツやチーズ等のトッピングに1~2辛です。
    それでお値段850円程度の夕食を楽しんでいました。

    2020年1月現在で同じセットを注文すると、野菜カレー745円+大盛110円+野菜サラダ189円(全て税込み)で1,000円を超えます。
    さすがにカレーを食べるのに1,000円出すのは痛い…。現在のココイチは財布のことを考えると、気軽にトッピングを頼むことができません。

    ココイチといえば、トッピングには肉類、魚介類、野菜類、その他など、チーズや納豆、ウインナー、カツなどまで幅広い選択肢があります。
    個人的にはその昔、納豆カレーの5辛にハマッた時期があり、どんなトッピングでもココイチのカレーならうまい具合に仕上げてしまうのは
    さすがと思ったものです。

    今は以前ほどではなくなりましたが、それでも時折ココイチには行きます。しかしある時、楽しみの一つだったトッピングを
    全く頼まなくなった自分に気付きました。度重なる値上げの結果、定番のカレーしか頼むことができない店となってしまったのです。

    当然ココイチも商売ですから、食材や人件費上昇の結果の値上げだということはわかります。
    ただ、外食チェーン店では数少ないトッピングの楽しみがあった店だということもあり、一抹の寂しさを感じざるを得ません。


    客数減少の中で値上げ戦略の真価が問われる

    上述のように、壱番屋の月次情報を見る限り2020年2月期下期の結果は芳しいとは言えません。この状況が続くようなら、
    来期は減益決算の可能性もあります。

    ココイチの度重なる値上げは、トッピングに頼らずカレー単体で収益を上げる体制を目指した、と考えることができます。
    しかし古くからのファンとしては、価格面からトッピングを楽しむことができない現在のココイチは、店に行く動機が一つ減ってしまった状態です。

    ココイチの値上げ戦略は今後も顧客に受け入れられるのでしょうか?  足元で続く客数の減少が改善されていくのか、今後の推移が注目されます。


    【【COCO壱番屋】値上げしまくってついに売り上げ低迷か。「高くてもうトッピングできない…」】の続きを読む



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ついにきたか

    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/25(土) 08:45:13.06

    「いきなりステーキ」が一部店舗で“食べ放題コース”をスタートし、Twitterなどで話題になっています。ただし現時点で提供しているのは、東京・曙橋にある「あけぼのばし店」のみ。今後他店舗でも開始する予定はあるかなど、運営元のペッパーフードサービスに聞きました。


     食べ放題コースは大人60分3980円で、小学生以下は60分1980円。制限時間内であれば、ワイルドステーキとワイルドハンバーグ、スパイシービーフカレー、ライスの4品が食べ放題となります(延長30分につき1980円)。あけぼのばし店では1月20日から提供されており、現在までに30人が利用したとのこと。

     食べ放題コースが話題になると、ネット上では「これはすごい革命だ!」といった声も。しかし一方では、60分3980円という設定や、比較的安価なワイルドステーキ・ワイルドハンバーグしか対象にならない点については不満の声もみられました。確かに、ワイルドステーキが通常300グラム1390円なので、900グラム食べてようやく元がとれると考えると、素人にはちょっとハードルの高い価格設定ではあるといえそうです。

     ペッパーフードサービスによると、これまでの“食べ放題”利用者の平均は1.2キロで、「大変好評をいただいております」とのこと。他の店舗でも開始する可能性はあるか聞くと、「あけぼのばし店の動向をみて検討します」とのことでした。

    1/24(金) 20:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00000094-it_nlab-bus_all

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【いきなり!ステーキ】一部店舗で食べ放題を実施 他店舗への展開は今後の動向次第】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    かっこいい!

    1 スタス ★ :2020/01/20(月) 20:01:04.70


    (出典 img.5ch.net)

    日本円で1800万円オーバー!レクサス初のミニバン『LM300h』の価格・詳細が明らかに
    ベース車両はトヨタ アルファード ハイブリッド
    至れり尽くせりの2列シートモデル「ロイヤルエディション」
    3列シートモデルはアルファードと同仕様

    レクサスは1月15日、ブランド初のミニバンの『LM』(Lexus LM)の詳細と価格を中国で発表した。
    ハイブリッドの「LM300h」グレードのみが設定され、現地価格は、116万6000元(約1870万円)から146万6000元(約2350万円)だ。
    レクサスLMは、レクサスブランドにこれまでラインナップされていなかったミニバンだ。
    レクサスの車名に「L」を冠するモデルには、最上級サルーンの『LS』、最上級SUVの『LX』、最上級クーペの『LC』がある。
    LMは、レクサスブランドの最上級MPVを意味する。
    レクサスLMは、トヨタ『アルファード』をベースにしている。LM300hグレードは、『アルファード ハイブリッド』と
    同じ2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムを搭載する。
    LMのフロントマスクは、レクサスらしいデザインだ。レクサス最大サイズの大型スピンドルグリルにスリムな3連ヘッドライト、
    L字型のLEDデイタイムランニングライトを備えた表情は、ひと目でレクサスと分かるデザインを表現する。
    テールランプも、アルファードとは異なる専用デザインとした。
    サスペンションは、専用にチューニングされた。独自のスイングバル*イプのショックアブソーバーと組み合わせることにより、
    振動や衝撃を抑え、スムーズで快適な乗り心地を追求している。
    レクサスLMには、3列シートの7名乗りと、2列シートの4名乗り「ロイヤルエディション」の2仕様がある。
    ロイヤルエディションは、サードシートを廃止し、2列シートのみの空間とした。
    さらに、前席と後席との間をフルパーテーションで仕切ることで、プライベートな空間を実現している。
    ロイヤルエディションでは、26インチの大型ディスプレイが前席と後席との間のフルパーテーションに装備される。
    ブルーレイディスクの再生をはじめ、さまざまなメディアに対応する。防音ガラスとマークレビンソン製のハイエンドサウンドシステムも搭載する。
    後席のセンターアームレストには、エアコン、室内照明、シートの角度、オーディオなどの操作パネルが設けられる。


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    https://response.jp/article/2020/01/17/330806.html


    【【画像】レクサス初のミニバン「LM300h」が発売。1,800万円】の続きを読む

    このページのトップヘ