ニュース速報@まとめチャンネル

ニュース速報@まとめチャンネルでは、
世間で起こる様々なニュースをいち早くお届けします。

    豆知識



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    はあ…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/08(土) 15:04:20.34

    突然ですが、「雑談のおもしろさ」は何が決め手になるのでしょうか?  「話の内容」「口のうまさ」……いろいろな意見があると思いますが、
    放送作家で即興力(インプロ)養成講師としても活躍する渡辺龍太氏によれば、
    「相手と無理なく楽しく話すことができれば、話の内容や口のうまさに関係なく、会話は盛り上がる」と言います。
    そこで今回は、「雑談がつまらない人がやりがちなNG行動」について、渡辺氏著『雑談がおもしろい人、つまらない人』から解説します。

    雑談の意義を、「価値ある情報のやり取り」だと思っていると、雑談は決して盛り上がりません。それどころか、面倒なやつと思われてしまうことがあります。

    次のやり取りを見てください。

    A 「食器洗いって、めんどくさいよね」
    B 「だったら、食器洗い機が便利だよ」
    A 「え?  でもキッチン狭いし、値段も高そうだし、それは無理かな」
    B 「最近は小さいのもあるし、数万円で買えるタイプもあるよ」
    A 「でも、私の家マンションだから、音がうるさいと困るな」

    B 「そんなにうるさくないよ。じゃあ、紙のお皿と割り箸を使えば?  これで解決!」
    A 「いやいや、お金かかりそうだし、食事しても味気ないじゃん。ゴミも増えるし」
    B 「うーん、じゃあAさんにとって、何がよりいいソリューションなんだろうな?」
    A 「ソリューション……?」

    この場合、AさんとBさんの間には、雑談に対する完全な認識の違いがあります。
    Aさんは、単純に「食器洗いがめんどくさいね」という話をして、「そうだね!」とか、「わかる!  その気持ち!」と言われて感情を共有し、お互いのキャラクターを認め合いたいのです。

    一方、Bさんは「食器洗いがめんどくさい」という問題に対する解決策を示そうとしています。
    つまり、この話題に対して、最終的にどうするべきかという「結論」を出そうとしているのです。

    確かに、文字通りの意味に捉えればその通りなのですが、Aさんのつれない反応を見るに、「ありがた迷惑」であることは明白です。
    一般的に、男性は結論を出そうとする人が多く、ただ共感して、自分というキャラクターの思考パターンを理解し、
    認めてほしいだけの女性と会話が?み合わないなどと言いますが、まさにこの例のパターンといえるでしょう。

    ■「わかる!」は定番の共感フレーズ

    では、こんな場合はどうすればいいのでしょうか。

    一番シンプルな方法は「相手の感情を表す言葉に反応する」ことです。つまり、相手が「嬉しい」「悲しい」「楽しい」「イライラした」といった自分の感情について説明し始めた場合、
    示された感情に共感するのです。さらに、そんなときに役立つ魔法のフレーズがあります。それが「わかる!」という言葉です。先ほどの会話例で見てみましょう。

    A 「食器洗いって、めんどくさいよね」
    B 「ああ、わかる!  めんどくさいよね!」
    A 「そうそう!  食べ終わった後って、何もしたくないじゃん。だからといって、次の日までシンクに食器を放っておくと、翌朝見たとき、すごく嫌な気分になるし」
    B 「わかるわー!  本当に嫌だよね。だから私、食器洗い機買っちゃった。すごく便利!」
    A 「そうなんだ!  でも私の家、キッチン狭いんだけど、置けたりするのかな?」

    B 「うちのキッチンも狭いよ。2人分の食器洗い機だから、これぐらいの大きさ」
    A 「へー!  それならいけるかも。でも、音とか、うるさくない?」
    B 「それが、そうでもないんだよ。寝る前にスイッチ入れても、全然気にならない」
    A 「いいねー!  じゃあ、私も買ってみようかな……」

     驚くことに、話の内容は最初の会話例とほぼ同じ(食器洗い機の購入を勧める)ですが、直接アドバイスしていないこちらの雑談のほうが、Aさんは食器洗い機を購入したくなっています。しかも、もちろん会話も盛り上がっています。

     したがって、相手に何らかのアドバイスをしたいと思ったときでも、いきなり相手の感情を無視してアドバイスするのではなく、「わかる!」と相手の感情に共感するプロセスを踏んでから、話を前に進めてみましょう。
    そうすると、雑談も盛り上がり、アドバイスも受け入れてもらえるので、一石二鳥です。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200208-00328413-toyo-bus_all
    2/8(土) 5:35配信


    前スレ                  2020/02/08(土) 12:38
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581133130/


    【雑談が「面白い人」「つまらない人」の決定的な差 】の続きを読む



    (出典 www.olive-hitomawashi.com)


    納豆ー!

    1 ばーど ★ :2020/01/30(木) 18:47:41.22

    納豆1日1パック、死亡率10%減 9万人を追跡調査

    納豆など発酵性大豆食品の摂取量が多いと、死亡リスクが低下することが報告された

     納豆やみそなどの発酵性大豆食品をよく食べる人は、そうでない人と比べて10%死亡率が下がるという調査結果を、国立がん研究センターの研究チームがまとめた。

     チームは、国内の成人男女約9万人を1995年以降、平均15年間追跡調査した。
     食事内容を聞き、大豆食品や発酵性大豆食品を食べた量により五つのグループに分類。
     ほかの食品による影響や、降圧薬を使用しているかなどの影響を取り除いて分析した。

     発酵性大豆食品を最も多く取るグループ(1日におよそ50グラム)は、最も少ないグループと比べて男女ともに約10%死亡率が低かった。
     50グラムとは納豆1パック程度。
     食品別に見ると、女性では納豆やみそを多くとると、死亡リスクが下がる傾向が顕著だった。

    朝日新聞デジタル 2020年1月30日 9時49分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17740190/

    ★1が立った時間 2020/01/30(木) 10:59:46.80
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1580349586/


    【【研究】納豆1日1パックで死亡率10%減 …なんで?】の続きを読む



    (出典 boaters.jp)


    知らなかった…

    1 みんと ★ :2020/01/18(土) 17:48:29.61

     海で発生した事件や事故を通報する118番が2000年5月に運用が始まって今年で20年になる。110番や119番に比べ、認知度が低く、昨年1年間も約48万件のうち99%が無言やいたずら、間違いでかけたなど内容が伴わない通報だった。18日は、海上保安庁が普及を目指して定めた「118番の日」。「正しい利用に協力してほしい」と呼び掛けている。

     昨年6月、国土交通省が募ったモニター約千人を対象にした調査でも、118番を知っていたのは回答者の51%。80%は「認知されていない」との印象を持っており、浸透していない実態が改めて浮かび上がった。

    共同通信 2020/1/18 06:53
    https://this.kiji.is/591022910296048737?c=39550187727945729


    【【海の緊急通報】海で発生した事件や事故を通報する番号 みんな知ってる? 118番だよ!】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    知らなかった。。。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/17(金) 12:12:30.73

    新宿にある高級デパートの野菜売り場でのことだった。手に取ったトマト3個入りパックを、手提げ袋の中に忍ばせ、店を出た。

    「成功したと思いました。それがきっかけでお店の物は“とれる”んだって気づきました」

     目の前に座る81歳の京子さん(仮名)は、万引きに初めて手を染めた20年前をそう振り返る。

     グレーのジャケットにスラックスという、きっちりした身なりで丁寧に話す几帳面さからは、万引き常習犯という「裏の顔」はまったく想像できない。
    .

    何度捕まっても万引きがやめられない

     初犯の成功体験が発端となって以来、京子さんは現在に至るまでスーパーなどで万引きを繰り返してきた。見つかって警察に勾留され、過去にも多数の逮捕歴があり、3度服役しているが、出所すると再び犯行に及んでしまう。

     最後に万引きをしたのは昨年4月下旬。関東地方の大型ショッピングセンターで、インゲン豆や大福餅などの食品に手がのびた。

    「ドキドキした緊張感はありましたが、取ってしまいました。でも、インゲンなんて普段、台所で使わないのに……」(京子さん)

     買い物はほかにしていない。京子さんは保安員に見つかって在宅起訴された。

     一緒に暮らす息子や娘は公判に出廷し、上申書も書いてくれたが、再犯を繰り返す常習累犯であったため、裁判では懲役3年の実刑判決を言い渡された。現在、控訴中だ。決して経済的に困窮しているわけではないが、万引きがやめられない。

    「あまりぜいたくはできないけれど、物を取らなくても生活は成り立っていました。だから自分でも、どうしてそういう行動に出たのかがわからないんです」

     依存症の専門治療を行う赤城高原ホスピタル(群馬県渋川市)の面会室で、京子さんは時折、か細い声を震わせ涙ながらに語った。

     京子さんが初めて受診したのは1回目の服役後のこと。そのとき、クレプトマニア(窃盗症)との診断を受けた。クレプトマニアとは、飲酒をコントロールできなくなるアルコール依存症のように、万引きや窃盗をやめたいのにやめられず、繰り返してしまう精神疾患である。

     現在、ここには京子さんのようなクレプトマニア関連の患者約40人が入院し、うち65歳以上の高齢者は9人。毎日、当事者同士で窃盗の問題や悩みについて話し合う「ミーティング」のほか、回復者の話に耳を傾ける「メッセージ」などの治療プログラムを受けている。
    .
    クレプトマニアという「病気」

     法務省が発表した「令和元年版犯罪白書」によると、高齢者(65歳以上)の刑法犯検挙人員は約4万8800人で、2008年をピークに高止まり状態が続いている。罪名別では、全年齢層に比べて窃盗の割合が7割と高く、女性に限っては9割にも達し、その大半が万引きだった。総人口に占める高齢者の割合も増えているとはいえ、高齢女性による窃盗が目立っている。

     加えて、窃盗罪で服役した元受刑者が出所後5年以内に刑務所に戻ってくる再犯受刑率は、覚せい剤取締法違反の48・5%に次いで43・7%と高い。つまり1度発症し、適切な治療が施されなければ、刑務所を出たり入ったりといった悪循環から抜け出せなくなる。

     こうした受刑者の中には京子さんのように、窃盗以外の反社会的行為がない常習窃盗者が含まれており、彼女らはしばしばクレプトマニアの問題を抱えている。

     これまでに常習窃盗者を約2000人診察してきた赤城高原ホスピタルの竹村道夫院長は、クレプトマニアについてこう解説する。

    「窃盗は犯罪だから、病気だと認識されにくいかもしれませんが、治療可能な精神障害です。単純に罰すればよいというものではありません。刑務所で服役させても高い確率で再犯する。それでは社会的にも損失を与えるので、きちんとした治療が必要です」


    全文はソース元で
    1/17(金) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200117-00016963-jprime-soci


    【【社会】「クレプトマニア」の実態 (窃盗症)】の続きを読む



    (出典 lgbt-life.com)


    知らなかった

    1 スタス ★ :2020/01/04(土) 16:20:48.67

    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO53205040R11C19A2CR0000?s=5 LGBT「10人に1人」 34万人超アンケートで
    2019年12月11日 9:57



    好きになる相手の性別「性的指向」や自分の認識する性別「性自認」に関するアンケートで、回答者(約34万8千人)の約10%がLGBTと呼ばれる性的少数者に該当した。調査を実施したLGBT総合研究所(東京)は「当事者が10人に1人いることが数字で示された。社会としてきちんと向き合う必要がある」としている。

    調査は4~5月に実施。LGBTを「体の性別と性自認が一致するシスジェンダーと異性愛者以外」と定義し、全国の20~69歳の約42万8千人にインターネットを通じてアンケートした。

    性的指向を尋ねると、「両性愛」が2.8%、どちらとも定まっていない「クエスチョニング」が1.4%、恋愛感情を抱かない「アセクシュアル」と「同性愛」がいずれも0.9%、「その他」1%。性自認は、男女どちらでもない「Xジェンダー」が2.5%、体と性自認が一致しない「トランスジェンダー」1.8%、「クエスチョニング」1.2%、「その他」0.6%だった。

    一部の回答者への意識調査では、「LGBT」という言葉は91%が知っていたが、正しい意味を理解している人は57.1%にとどまった。

    また83.9%が周囲に当事者はいないと回答。多くの人が存在を実感できていないことが浮き彫りになった。

    当事者にカミングアウトの有無を尋ねると、78.8%がないと回答。さらに半数以上が「誤解や偏見が多い」としており、社会の理解や、自治体や企業の対応が必要だと回答した。〔共同〕


    【両性愛・クエスチョニング・アセクシュアル・Xジェンダー この言葉知ってる?日本人の「10人に1人」がLGBT】の続きを読む

    このページのトップヘ